« ALL in ALL | メイン | 福岡vs東京?! »

2006年09月21日 11:27
モンゴルのスマップ?!

先週末はせっかくの3連休なのにあいにく台風に見舞われましたが、みなさん大丈夫でしたか?
福岡で9月のイベントといえば、もちろんアジアマンスですよね。
先週14日から18日の5日間、市役所ふれあい広場ではイベントが開催される予定でしたが
台風のため、最後の2日間は中止になってしまったようですね。残念です。

ところでみなさん、今年のアジアマンスにAPCCとゆかりのあるゲストが来福していたのを
ご存知ですか?アジア太平洋フェスティバルのステージに出演していたモンゴルの
アカペラグループ「カメルトン」はメンバー4人のうちなんと2人が元こども大使なのです。
さらにそのうちのひとりDORJSUREN BOLDさん(写真左から2人目)は、第10回APCCにも
ピース大使として参加していたのです。
IMG_1851.JPG

噂を聞きつけた(?)事務局コーディネーター数名で、さっそくイベント初日のお昼にステージ
を見に行ってきましたが、R&B風で歌唱力もすばらしく、聞き入ってしまいました。
彼らはモンゴルでは国民的人気グループだそうで、さながらモンゴルのスマップとでもいうのでしょうか。
ステージ終了後にすかさず舞台袖に駆け寄って行って記念写真も撮ってきました。
s.JPG
黄色い旗を見せるとAPCCのことも覚えててくれて、とても喜んでくれました。
今回は思いがけないサプライズでしたが、これからもいろんな形で元こども大使が福岡に戻ってくる
ということがあるかもしれませんね。

(mayumi)




コメント

初めまして!実はモンゴルのカメルトンが大好きで、自分でもサイトを開いて日本で紹介していますが、今回の来日公演を知らなかったもので、記事を拝見して驚きつつも見られなかった事に悔しくてなりません。日本の皆さんの反応と、どんな曲目を歌っていたのかを、教えていただけないでしょうか?

Yojiさんコメントありがとうございます。日本にこんなにカメルトンの熱烈なファンがいらっしゃるとは知りませんでした。
Yojiさんのサイトも拝見させていただきましたが、モンゴルの情報満載で、カメルトンについても改めて人気のグループなんだな、と実感しました。
アジアマンスでは、1ステージで4~5曲歌ってましたが、そのうち1曲は「君を愛してる」(Yojiさんサイトの和訳より)だったと思います。彼ら曰く「英語タイトルは“Love You Baby"」とのことでしたが。お客さんの反応は、カメルトンがこの日のステージの1組目のゲストということもあり、みなさん聞き入ってたようですよ。日本での知名度はまだこれからでしょうが、演奏が終わったあとは大きな拍手が。。。
私がエントリー中にも書いたとおり日本ともゆかりのある彼らですから、また来日してほしいものです。

mayumiさん、丁寧にご紹介くださりありがとうございました。きっとカメルトンの皆さんも交流を楽しまれた事と感じました。次に会う時には皆さんとのお話が彼らから聞けることでしょう。モンゴルという国については多くの日本人が大草原の国というイメージしかお持ちでないかと思いますが、他にも素晴らしい事が沢山あります。まずは若物層の多い国、そして家族の結びつきが(親戚も含め)とても深い国、そして子供の瞳が輝いている国なのです。このような素晴らしい催しにモンゴル人が参加しているというのも素晴らしい事であり、彼らをお招きいただいた皆さんにも感謝するばかりです。今後も皆さんが活動していく中で、何かお役に立てることがありましたら、私達もぜひ応援させていただきたいと思いました。今後も楽しみに拝見していきたいと思います。ありがとうございました。




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



NPO アジア太平洋こども会議・イン福岡
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-10-1福岡市役所北別館5階
TEL 092-734-7700 FAX 092-734-7711
E-mail info@apcc.gr.jp