« 長崎の旅 | メイン | 新しい仲間 »

2006年11月30日 14:22
小学生との交流

早いもので今日で11月も終わり。明日からの師走一ヶ月も飛ぶように過ぎて行くのでしょうね。久しぶりのブログ登場なので緊張します(^^)

今月は二度ほど小学校の国際理解教育授業のお手伝いに行ってきました。2日とも同じ前原市内のA小学校。6年生の道徳の時間で、APCCを題材に「国際理解・親善」について考える授業でした。
教室に入ると子どもたちの元気な挨拶に迎えられ、すっかり童心に。でもこの後子どもたちからの鋭い質問攻めにあっちゃいました。

この学校の2つのクラスの子どもたちは、夏にパプアニューギニアからやってきたこども大使のアリ君と短い時間ですが、一緒に交流をした経験がありました。フルーツバスケットやドッジボールを一緒にしたそうです。そのときのことを振り返ってみて、「楽しかった」という思いはみんな強く持っていますが、外国の友達と一緒に遊んだり勉強したりすることの意味、もっといえば、外国の友達との交流の機会を作っているAPCCの人たちの思いや願い、というところまで思いを及ばせることは出来ていなかったそうです。そこで、先生がその部分に気付いてほしい・・・、そこから世界をつなぐ心、国際親善の心ということを考えてほしいと、APCCの人(今日の場合は私)から実際話を聞いてみよう、とこの授業になったのです。

「パプアニューギニア以外にどんな所から子どもが来たの?」「アリ君は招待されたの?どうして選ばれたの?」「みんなを呼ぶのにいくらかかったの?」「この事業は誰が作ったの?」「どんな苦労があるの?」「嬉しかったことは?」などなど・・・ 質問の手が次々あがります。答えるのは大変でしたが、この質問に一つ一つ答えていくことで、私もAPCCを続けている理由、願いというものを見つめなおせたような気がします。

最後に何人かの子どもたちが発表してくれた「これから大切にしたい心」の中には「平和を作っていく」という言葉がちゃーんと入っていました。発表してもらえなかった子どもたちもしっかり紙に気持ちを書き残してくれているので、今度先生にみせてもらうことにしています。アリ君との交流をきっかけに、外国の人たちとだけでなく、身近な人との間でもいろんな“違い”を乗り越えて心を通い合わせることが出来る・・・そんな心を持てたら素敵ですね・・・と私からのメッセージも伝えて授業が終わりました。

APCCを作る立場にいると、何のためにやっているのか、どんな願いをこめているのかみんな承知の上、みたいな錯覚に陥ってしまいます。でも部分的にしか事業に関われていない人、ごくごく短期間しか事業にふれていない人などなどたくさんの立場や関わり方があるわけで・・・私たちはいつでもどんな場面でもAPCCの理念を語っていかなければならないんだと痛感しました。またまた子どもたちからたくさん教えられました。(香)




コメント

香さん、小学校での授業のお手伝いお疲れ様でした。
こども達が次々と手を挙げて質問する様子が目に浮かぶ様でした。

大きな事業の中で軸となることは、時に想像もつかないほど大変なこともあると思いますが、ぜひこれからも、決して揺るがないAPCCの理念を語り、一人でも多くのこども達が自分の可能性を見い出せる様な事業を続けて下さい。

頑張って下さい☆




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



NPO アジア太平洋こども会議・イン福岡
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-10-1福岡市役所北別館5階
TEL 092-734-7700 FAX 092-734-7711
E-mail info@apcc.gr.jp