« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月28日 10:31
元JA来局

3日ほど前のことになりますが、
事務局に1990年にこども大使として、2001年にピース大使として
来福したチャイヤナン君が事務局に遊びに来てくれました!
現在はタイ国際航空でパイロットの職についており
福岡へのフライトだったため、タイのブリッジクラブからのグリーティングカードをもって
やってきてくれました。(写真男性右側がチャイヤナン君)
かなりAPCC事務局に来るのが難しかった・・・!と道に迷った様子でしたが、
忙しい中遊びに来てくれて嬉しかったです。
IMG_2238.JPG

ところで、明日から事務局も年末年始の休暇をいただきます。
今年1年、大変お世話になりました。
来年もAPCCを宜しくお願いいたします。
(Chiharu)

2006年12月21日 12:23
ポインセチア

後4日でクリスマスですね。私は寒いのが苦手なので毎年冬は引きこもりがちですが、
街がイルミネーションで華やぐのは好きです。

さて、先日N副実行委員長が事務局にポインセチアを持ってきてくださいました。
これで一気に事務局がクリスマスらしくなりました。写真ではわかりにくいですが
鉢は白いふわふわの布で包まれていて、これがまたかわいいんです。
(N副実行委員長、ありがとうございます!)
poinsettia.jpg

事務局が女性らしくないと常日頃から言われている私たちに
N副実行委員長が帰り際に一言。

「クリスマスまでは枯らさんどき~ね~」

「・・・クリスマスまで後1週間もないんですけど・・。」
来年は信用されるようがんばります☆★
(Kumiko)

2006年12月18日 12:47
わが家のペット

わが家にネザーランドドワーフという品種のウサギの赤ちゃんがやってきてちょうど2週間が経ちました。家には小学校2年生の女の子と保育園年長の男の子の二人の子どもがいるのですが、二人とも生き物が大好き。ペットショップに行っては犬や猫を飽きもせず眺めていました。そんな二人がある日、ネザーランドドワーフを見つけてしまって以来もう大変。ずっと「飼いたい!飼いたい!」の懇願です。今まで飼ったことがある生き物といえばカブトムシくらい(^^;)。そんな二人が責任持って、毎日の食事のお世話やトイレのお世話ができるのかな?といろんな課題を出してみて、考えに考えた結果・・・責任を持って飼う、という決断をして迎え入れた待望のペットです。生まれてまだ2ヶ月の小さな赤ちゃんウサギのチェリー。そのお母さんになった気分の子どもたちは驚くほど献身的にお世話をし、かわいがっています。朝も起こされるまで寝ていた上の子は毎朝6時半に起床。水替えと餌やりを担当します。弟君は・・・遊んでやる係(笑)。

みくとチェリー.jpg

今回ペットを飼うことを考える上で、「命」について子どもたちとよくよく話をしました。だから子どもたちなりに小さな赤ちゃんウサギの命にふれ、その大切さや愛おしさを感じ取っているんだと思います。上の女の子はウサギがやってきた当日の夜、しくしく泣き出してしまいました。「チェリー、いつか死ぬちゃろ・・・。死んだらどうしよう。悲しい・・」と言うのです。「人間もそう。命には限りがあっていつかは死ぬんだよ。だからそのかけがえのない命を大事にして、楽しく過ごしていこうね。」今はそんな風にしか言えませんでした。いつかは直面することになる本当の「死」。そのときにどんな風に悲しさを乗り越えていくのか、これから親子共々考えなければならないと思いました。

かつてテレビで今の小学生は「死」というのを現実的に受け止められない、という話題にふれたことがあります。死んだ人が生き返る、と本気で思っている子どもたちがいるんだそうです。ゲームでは何度も死んだキャラクターが生き返り、簡単にリセットもできます。そんな擬似世界にあまりにのめり込んでしまうことで、命の重さに対する考えが麻痺してしまうのでしょうか・・・。小さな小さなペットの命を通して、大切なことを学んでいるような気がします。(香)

2006年12月13日 12:15
2006年の締めくくりと来年の準備

早いもので、2006年も残りあと3週間弱となりました。
毎年この時期になると、その年の出来事を振り返ったり、反省してみたりするのですが、
それが次の年にきちんと活かされているかどうかは疑問だったりします。
そういうことは年の瀬に慌ててするのではなく、日々の積み重ねなのかもしれませんね。

ということで、2006年の反省もままならないところではありますが、時間は待ってくれないので来年の準備もしないといけません。
個人的にこの時期最も気になるものと言えば、そう「手帳」です。
note 003.jpg

みなさんはふだんどんな手帳を使ってますか?
お仕事をされている方など特に、毎年どんな手帳にしようか悩むところではないでしょうか?
その人の好みや仕事の性質、職種などなどいろんな条件に照らし合わせて選ぶ手帳。
毎年10月前後、翌年の手帳が店頭に並び始めるとなんだかそわそわしてしまいます。
最低でも3~4軒まわって、来年はどんな手帳にしようか悩んでしまい、気がつくと1時間くらいたっていた、なんてこともしばしばです。
私の手帳選びのポイントは、、、
1.ひと月の予定がひと目でわかる月間カレンダーがついている
notes 001.jpg

2.左側に週間予定、右側がフリーのメモスペースになっている
notes 002.jpg

3.できれば、電車&地下鉄の路線図がついている(たま~に東京に行くときに大助かり)
notes 003.jpg
以上の3つです。
結果2007年度用に選んだ手帳が一番最初の写真に写っている黒い手帳です。
しかもこの手帳はカラーで世界地図もついていて、APCCで働く私には何かと役に立っています。
なぜ2冊写っているかというと、2006年と同じものにしたからなのです。
一度使ってみてとても使いやすかったので、また来年もこの手帳のお世話になろうと思います。
それからもう一冊写っているオレンジ色のはフランスのメーカーのメモ帳です。
一枚一枚ミシン目がついていてとても使いやすいので、今年はこちらも活用してみようと思ってます。

このブログを書くのに、2006年の自分の手帳を見返してみました。
やはり、仕事柄5月~7月はスペースがないほど書き込みがされてました。
さまざまなアポイントやいろんな方々とのミーティングなど、ひとつひとつの積み重ねで毎年APCCが成り立っているんだなぁと改めて実感させられました。

最近は、忙しい現代人のために時間の有効活用などの目的で、手帳の使い方なども注目されてるようです。
今回は、ちょっと地味~な話題でしたが、みなさんもこの時期に今年1年振り返ってみてはいかがでしょうか?
来年の手帳を選ぶという行為も、来年自分はどこで何をしているのか、どんな毎日を送ることになるのか、思いをはせるいい機会になるかもしれません。

2006年12月12日 13:51
初めまして

12月より事務局でお仕事をさせていただくことになりましたSと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

初ブログということで、少しだけ自己紹介をさせていただきたいと思います。

門司港生まれ―出身地だけに観光する機会がなく、今年3月に初めて門司港レトロに行きました。
前原市在住 ―前原市民になってまだ1年半くらいですが、自然が多く、野菜も美味しく、快適です。
          ただ、水道代やゴミ袋の値段が少々高いのが難点です。
3姉妹の長女―事務局は長女率が高いとお聞きしました。
          長女のくせにさっさと嫁いでしまいました。すみません。
KANファン  ―高校時代からず~っと好きで、ライブには欠かさず行きます。
          しかし、2年ほどフランスに行かれていて活動していなかったせいか
          CDは天神の大きなCDショップに行かなければ置いていないこともあり
          ちょっと悲しい思いをします。
夜型人間 ―基本的に朝より夜に活動します。週末は2時、3時まで起きていてしまいます。
         結果休みの日は昼まで寝ていたりします…。

・・・と、こんな私ですが、皆様何卒よろしくお願いいたします。

2006年12月11日 10:23
クリスマスパーティー

週末、幼稚園からの幼馴染ご一家と一緒に、ちょっと早めのクリスマスパーティーを行いました。
彼女のお母様が料理上手なのはモチロン、パッチワークにもハマッテいるとのことで
自宅の中はクリスマス一色☆玄関にはトナカイがいました!
(もちろん置物ですが写真を取るのを忘れてしまい、ショック!)

これは手作りの壁掛けです。
クリスマス 002.jpg

ひとつ拡大してみると・・・
クリスマス 003.jpg
こんな感じでまるで絵本でも見ているかのような素晴らしい作品でした。

おいしい料理もご馳走になり、昔話に花が咲き・・・
最後にいただいたデザート☆紅茶のムースです。
クリスマス 001.jpg

幼稚園に一緒に通っていたあの頃を思い出しながらの楽しい週末でした。
ケーキの予約を済ませて半ば満足していた私ですが、今年は自宅の飾りつけにも
凝ってみようかなぁ・・・。(natsuki)

2006年12月08日 15:11
I love NY?!

以前もこのブログで書かせていただいたこともあるのですが、
(といいますか、私はこのネタばっかり?!)
私は、趣味で音楽活動をしていまして、実は先日、
ニューヨークで行われた音楽イベントに参加させていただきました。

pepino.jpg

ゲームボーイを使った音楽という、極めてマニアックな音楽分野ですが、
今回はその分野で活躍する世界各国の人々が集まる、
その世界では今までにない大変大きなイベントでした。
私自身、この手の音楽に魅せられたがこんなにいるんだと驚いたほど、
たくさんの人たちが参加していました。

4日間に渡って行われたこのイベント、参加者(グループ)は、33組。
主にはアメリカ国内から、次に多かったのは日本、そしてスウェーデン、
オランダ、オーストリア、スペインという多国籍感漂う不思議な世界。
これだけの人を呼び、宣伝し、お金を工面し、場所を確保し、ステージを作り上げる。
想像以上に大変な仕事だと思います。
これを主には、二人のニューヨーカーが仕切り、大成功を収めました。
普通に仕事もしている二人は、睡眠時間を削り、力の限りをこの4日間に向けて
注いだのではないでしょうか。
それでも参加してくれたみんなに「来てくれてありがとう!」と笑顔で手を差し出し、
自分たちも精一杯楽しむ二人の姿に私は感動しました。

「高ければ高い壁の方が、登った時、気持ちいいもんだ」
私の大好きな歌の歌詞を思い出しました。
頑張れば頑張っただけ、いやそれ以上に得られるものがある。
三十路女は熱い気持ちを胸にAPCC事務局に帰ってきたのでした。
(が、さすがに三十路は体力回復にも時間が・・・)  (ai)

chritmastree.jpg

2006年12月04日 11:48
団員希望者説明会

昨日の日曜日、団員希望者の説明会を開催しました。
こちらは、派遣事業に興味があるけど、どんな様子かより深く知りたい、、という方のための
説明会です。
16家庭の方々に集まっていただき派遣事業の特徴や昨年度の事業の様子をAPCCボランティアから、
また各国の基礎情報について旅行会社さんから説明をしてもらいました。

新しいイメージ.JPG 1.jpg
会場の様子

M利副実行委員長の挨拶からはじまり、
ボランティアのM田部会長より事業の概要説明がありました。
M田部会長は人前で話をすることが大変苦手らしく、
「人前であがらず話せる本」を購入されたようで。。(笑)
その甲斐あってか、回を重ねるごとに堂々としたはなしっぷりになってきたような気がします。
もしかしたらS原副部会長が作ったカンペが功を奏したのかもしれませんが(笑)
また副部会長のO村さんも人前にでると手が震える、、とおっっしゃっていますが
見事な司会運びでした。
P252i0001048818.jpg
緊張した面持ちの部会長(中央)副部会長(手前)

I藤君が作った昨年度事業のビデオも、事業の雰囲気が伝わってきて良かったです。
来年度も事業を理解していただくためにも、また記録として残すにも
映像って大切だな。。。と実感。
また昨年度の団員の2人が皆の前で感想を話してくれました。小学生の2人がこんな
形で事業に協力してくれて感激しました。
kodomo.JPG kodomo2.JPG
その他、派遣部会のメンバーのサポートにより、説明会も無事終了。
今年度も多くの応募が集まることを期待しています。。
あ、ちなみに引率者の募集も今週金曜までなので、希望されている方はお忘れなく♪
(Chiharu)

2006年12月01日 15:21
新しい仲間

今日は嬉しいニュースがあります!
12月から事務局に新しいコーディネーターが入局しました。
自己紹介は本人から追々このブログ内でもしてもらうことにして・・・。

Mちゃんが退職してから約3週間。
コーディネーター席がひとつ空いてしまい「なんかさみしいねー」と
話をしていたので、事務局一同、Sさんが来るのを楽しみにしていました。
早速お昼休みにはみんなから質問攻め(!?)で、お酒も飲める!ということが判明。
事務局長、チーフをはじめ(笑)みんな大喜びです☆ 

これから嬉しいこと、落ち込むこと、きついこと、いろんなことが
あると思いますが、8人で一緒にがんばっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

(Kumiko)



NPO アジア太平洋こども会議・イン福岡
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-10-1福岡市役所北別館5階
TEL 092-734-7700 FAX 092-734-7711
E-mail info@apcc.gr.jp