« | メイン | APCC写真パネル展☆ »

2008年09月11日 14:51
スペインのこどもたち

8月にお休みをいただき、スペインへ行ってきました!
ご飯も美味しく、人々も明るいこの国が私は大好きなので、何度か訪れたことがあるのですが、毎回驚いてしまうことがあります。
それは、夜遅くまで外で遊んでいるこどもたちをたくさん見かけることです。日本ではあまり考えられないような時間まで普通に遊んでいます。まぁ、こどもだけではなく、おじいちゃん、おばあちゃんまで、つまりみんななんですけど・・・(笑)

alicante.JPG

今回、地中海沿いのアリカンテという都市にいた時、そこにあるサンタバルバラ城を見学に行きました。暑いので、日が沈みかける頃に出かけていきました。そこからわたし達が退散する頃に、こども連れの家族がまだ続々と入ってくるので、不思議に思っていると、どうやらこども向けのイベントがこれから始まるとのこと。なんとそのイベントの開始時間が夜の10時!夜のお城は、こどもたちの声でその後もずっと盛り上がっていたのでした。

ninos.JPG

そして、お城を後にしたわたし達は軽く晩御飯を食べるために、浜辺にレストランが立ち並ぶカンページョという町へ向かいました。既に夜11時近くになっているにも関わらず、たくさんの人でにぎわっている光景に日本人のわたし達は、「えっ?!今何時だっけ?!」という感覚に襲われたのでした。ベビーカーを押しながら散歩する夫婦、追いかけっこをするこどもたち、アイスクリームを食べながら歩くおじいちゃん、おばあちゃんたち、、、本当に昼間以上のにぎわいでした。わたし達が眠気でヘロヘロになってそこを立ち去った夜中12時を過ぎてもそのにぎわいは変わらないままでした。

castillo.JPG
↑にぎわっていたカンページョの写真はなかったのですが、これはサンタバルバラ城からの景色です。

食事の時間帯を考えても、日本と比べ2-3時間のズレがあったり、確かに昼間は暑くて出歩けないので、涼しい夜に出かけようという気持ちはわかるのですが、夜中12時はやはり驚いてしまいます。きっと他の国の人が日本に来ても「えーーーっ!?!」と驚くことはあるといっぱいあるんでしょうね~。夏に来るこども大使たちもきっといろんなことを発見していることでしょう♪自分の知らないたくさんの世界、もっともっと見てみたいなぁと思ったのでした。 (ai)




コメント

スペインはヨーロッパの中でも確かに時間が遅いですが、ちゃんとした理由があるかもしれません。

それは時差です。スペインの時計はその経度にふさわしい時間より常に1時間進んでいます。それはサマータイム期間は更に+1されて合計で+2時間になります。

ということはこども向けイベントが始まった10時は太陽で時間を数えると8時でした。それでも遅い、と思われる方もいるでしょう?しかし夏はよるが一番気持ちがいいので、それは省エネの一種と言えるでしょう。




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



NPO アジア太平洋こども会議・イン福岡
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-10-1福岡市役所北別館5階
TEL 092-734-7700 FAX 092-734-7711
E-mail info@apcc.gr.jp