教育交流
教育交流部会

04_7.jpg アジア太平洋のシャペロン(引率者)と福岡の教育関係者、市民とのシンポジウムを企画、運営。また、教育問題に関心がある方や教員志望の方に(学生を含めて)是非オススメです。
04_7b.jpg
 
第8回教育交流部会

第8回教育交流部会

2008年5月16日 教育交流部会の部会報告をします!
回毎にメンバーは増え、わきあいあいと楽しい部会となりました☆

①トピック、分科会グループの決定
前回の部会で決定した5つのトピック
(・子どもと親との関わり方
・教育競争と子ども達
・地域・貧富・世代格差と子ども達
・近代技術、情報技術がもたらす子ども達への影響
・多様な教育機会の充実のために)について
話し合いたいトピックについて各国に希望調査をとったところ
22カ国から返信がありました。

今回はその希望をもとに(希望調査票が回収できていない国に関しては
教育交流部会の判断で)グループ分けをしました。

分科会では以下のようなグループで
各議題について話し合っていただきたいと思います。

(Aグループ)こどもと親との関わり方
フィリピン ネパール キリバス モンゴル バヌアツ オークランド市 タヒチ 
サモア モルディブ イポー市 インドネシア パラオ 広州市

(Bグループ)教育競争とこども達
中国(北京市) マレーシア スリランカ 釜山 台湾A トンガ 
グアム インド ニュージーランド ニューカレドニア

(Cグループ)地域・貧富・世代格差とこども達
カンボジア ミクロネシア 大連 バングラデシュ アトランタ市

(Dグループ)近代技術・情報技術がもたらす子ども達への影響
タイ ブルネイ 香港 ロシア 台湾B オーストラリア

(Eグループ)多様な教育機会の充実のために
シンガポール 北マリアナ ソウル ツバル パキスタン 江蘇省 
ハワイ ラオス フィジー ブータン ベトナム

(A・B・Eグループについては、それぞれをさらに2グループに分けます。)

全体会におけるシャペロンプレゼンテーションについては
各トピックから1人ずつの代表(計5人)のプレゼンターに
問題提起(Introduction)となる各国の実情について発表してもらい
続きを分科会で話し合ってもらうという方向で調整がつきました。

決定した各トピックのプレゼンターは以下の通りです。
(Aグループ) インドネシア
(Bグループ) インド 
(Cグループ) カンボジア
(Dグループ) オーストラリア
(Eグループ) シンガポール

② シャペシン担当者決め
事前準備・全体会・分科会・懇親会の大まかな担当者が決定しました!
まだお名前をいただいていないメンバーの方々には
また後日、担当についての希望を提出していただきたいと思います。

③ シャペロンシンポジウム ポスター完成!
シャペロンシンポジウムの宣伝ポスターが完成しました。
近日中に担当を割り振って、各設置場所に伺います!

④ その他
・シャペロンシンポジウムが開催される前日に
マリンハウスでシャペロンたちを集めて事前説明をしようという案が挙がっています。
次回、検討予定です。

・8月以降の報告集作成に関連して
配布対象者(機関)についての検討が行われました。
次回の部会で明確にします。

次回の部会は6月5日(木)18:30~ 
市役所北別館5F第1会議室にて行われます♪
部会後に懇親会を予定していますので、皆様ぜひご参加ください!

(文責:吉村)

第7回教育交流部会

4月12日(土)AM10:00より
第7回教育交流部会が開催されました。

珍しく午前中の開催ということで
新鮮な感じのする本日の部会です。

本日の議題はシンポジウム分科会のトピック決めです。

回収したシャペロン、国理研の先生方からのアンケート回答をもとに
以下の5つのトピックを決定いたしました。

1.近代技術・情報技術がもたらすこども達への影響
2.教育競争とこども達
3.地域・貧富・世代格差とこども達
4.こどもと親との関わり方
5.多様な教育機会の充実のために

現在、これらのトピックのうち
分科会で話し合いたいものを選択していただくため
シャペロンアンケートNo.2を回収しているところです。

さぁ、トピックも決まりました!
次回の部会では、アンケートNo.2の回答から
分科会のグルーピング、プレゼンターの決定を行います。

では、次回部会のご案内です。

5月16日(金)18:30~ APCC事務局にて

皆さんのご参加をお待ちしています!

第6回教育交流部会

3月14日 第6回教育交流部会の報告をします。

①シャペロンアンケートについて
前回からシャペシンの分科会トピックについての話し合いが続いています。

各国のシャペロンから、話し合いたいトピックについてアンケートを取った場合、
あまり多くのトピックを設定すると、全体会でのプレゼンター数(基本的に各トピックについて1人)
も増えることとなり、時間的に難しいと考えられます。

そこで、トピックとプレゼンターを選定する方法として

(1)アンケートで挙げられたトピック案を、部会で3~4のカテゴリーに分け、それぞれのカテゴリーからプレゼンターを1名選ぶ。
(2)再度シャペロンに、分科会でどのトピックについて話し合いたいかを尋ねる。

ということで意見がまとまりました。
現在、今年度のシャペロンからアンケートが返ってきているところです!

②シャペロンシンポジウムのポスター作成について
今年度は、より多くの一般参加者を募るため
魅力的なポスターを作り、掲示しようという意見が出ています。

部会でデザインを考え、事務局にて印刷を行うという方向で
5月中旬にデザインを完成し、6月に掲示となります。
(現在、ポスター作成の担当希望者を募集中です!)

掲示する場所については
シャペシン(教育問題等)に興味を持ってくださるような方々が集まる所がベストです。
掲示してもらえそうな場所をご存知の方は、部会もしくは事務局までご連絡ください!

ポスターは、持参する方が送付するより効果的だろうということで
部会メンバーで手分けをして持参することになると思いますが
詳細はまだ決定していません。次回以降の部会で決めていきましょう。

③事前準備・当日担当一覧について
シンポジウム当日までの事前準備・当日の担当割については、以下に一覧を載せています。
前もって、どのような係り分担があるのか等を確認しておいてください。

事前準備・当日担当割一覧

ダウンロードしたファイル

④今後のスケジュール
以下の「今後のスケジュール」をご確認ください。

次回、第7回教育交流部会は
4月12日(土)午前10時より、APCC事務局にて行います。
午前中となりますので、お間違えのないようにご注意ください!

今後のスケジュール

皆さん、こんにちは。
「三寒四温」真っ只中の3月末ですが、いかがお過ごしですか?

さて本日は、今後の教育交流部会のスケジュールを掲載させていただきます。
是非ご確認ください。

3月下旬  シャペロンアンケートNo.1送信(先日送信しました!)
       (トピックについての調査、プレゼンテーション希望についてのアンケート)

4月10日  シャペロンアンケートNo.1回収締切
4月12日  第7回部会
4月中旬  シャペロンアンケートNo.2送信
       (分科会希望トピックについてのアンケート)
        プレゼンターに発表内容のスクリプト作成依頼

5月中旬  シャペロンアンケートNo.2回収締切
        第8回部会
5月30日  部会長会議(審議)
5月31日  シャペロンに決定グループを連絡

〔6月 学校・行政ネットワーク会議でのPR、市政だよりへの掲載で参加者を募集〕
〔情報プラザ、レインボープラザ、こくさい広場など、各所に参加者募集チラシを設置〕

6月上旬  プレゼンター発表内容スクリプト提出締切
        スクリプト翻訳

7月上旬  資料印刷
7月12日  シャペロンシンポジウム当日

シャペシン当日まで、4ヶ月を切りました!
教育交流部会一丸となって、今後も着々と準備を進めていきましょう☆
       

第5回教育交流部会

2008年2月21日 教育交流部会の報告をします。

前回からの議題として
「昨年設けた4つのトピックを参考にしつつ、今年はどのようなトピックを設定するか」
についての話し合いが続いています。

IMG_0377.JPG IMG_0376.JPG

<トピックについて>
自立に向けての次世代教育~「自立した個人」を育成する環境づくり~というテーマに基き
分科会(グループディスカッション)各グループの話し合いの核となるトピック。

部会の前半では、今年も昨年のトピックを引き継ぐ方向で話が進みました。
昨年の4つのトピックは以下の通りでした。

 ・Education environment 教育環境
 ・Health care education 保健・衛生環境
 ・Conducive communicating environment コミュニケーション環境
 ・Volunteer work experience ボランティア活動環境

しかし、昨年この4つのトピックでグループ分けを行った際に
シャペロンアンケートの第一希望が「教育環境」に集中したり
「保健・衛生環境」が国の状況によってはあまりピンとくるものではなかったりなど
再考の必要性も感じられました。

「教育環境」を希望するシャペロンが多いことから
このトピックを細分化し、
「家庭教育」、「学校教育」、「地域教育」という3つのカテゴリーに分けてはどうか
という意見も出ましたが
この3つの「教育の場」は相互に関連した形で問題視される傾向があり、
昨年のシャペロンによるプレゼンテーションも3つを包括した内容のものでした。

その他、挙げられた意見をご参考ください。

●「教育制度に関する問題」、「こどもを取り巻く教育環境の問題」、「教育する側(人間)の問題」
でカテゴリーを分けるとよいのではないか。
●全ての国が共有できるようなトピックを提示するべきだ。
●‘自立した個人’の定義は国によって異なるだろうし、‘どのようなこどもに育てたいか’も国によって異なるだろう。
●国によって様々な背景があるのだから、問題を1つに絞り、それに対しての解決法を議論するのがよいのではないか。
●政治や制度等大きな問題ではなく、参加者一人ひとりが今後実際的に‘できること’について話し合うのがよい。

様々な意見が出されましたが
最終的にまとまった意見はこちらです。

(1)‘自立した個人’へと成長する上で、それを阻害するもの・問題を各国に挙げてもらい
それらを部会内で10個程度のトピックにまとめる。

(2)まとめられた10個程度のトピックの中で、興味のあるものを選んでもらい
分科会のグループ分けを行う。

(3)当日の分科会でトピックについて話し合ってもらう。
各国参加者間での情報共有と、有効な問題解決方法の模索を目標とする。

実際に各国からどのような問題が出されるかを考えながら
部会内でも、日本の教育に関する問題としていくつかのトピックを挙げてみました。

IMG_0378.JPG

 ・教育格差
 ・就学・進学・就職の状況
 ・教育費の問題
 ・子どものコミュニケーションの低下
 ・不登校
 ・いじめ
 ・こどもの喫煙・麻薬使用
 ・教員の数と質
 ・食育問題(給食・朝食指導)
 ・整理整頓力の低下と清掃活動

などが挙がりました。

以上の問題を例として、今後シャペロンから自国の問題を寄せてもらい
その返答内容を部会内で煮詰め、トピックを設定していきたいと思います。

この案にもまだまだ課題が生じてくるかもしれませんが
本日の部会はここまでで終了です。
次回、引き続き検討していきたいと思います。

第6回教育交流部会は
3月14日(金)18:30~ APCC事務局にて開催されます。
多数の皆様のご参加をお待ちしております!

(文責:吉村)

第4回教育交流部会

2008年1月25日 教育交流部会の報告をします。
新メンバーも加わり、今まで以上に活発な部会となりました!

①シャペロンシンポジウム 開催場所とゲストスピーカーについて

今年は全体会(プレゼンテーション)、分科会(グループディスカッション)、懇親会の全てを
「福岡ガーデンパレス」にて行います。
全体会でお話をしていただくゲストスピーカーとして
ホストファミリー経験もあり、APCCに馴染みのある
福岡国際大学の竹熊先生をお招きすることになりました。
近々、部会長ならびに副部会長がご挨拶に伺う予定です。

②分科会トピックについて

昨年度の分科会のテーマは
『自立に向けての次世代教育~「自立した個人を育成する環境づくり~』。
また、そのテーマに基づいたトピックとして、
A.教育環境 B.保険・衛星 C.コミュニケーション D.ボランティア の4つを設けました。
今年は去年のテーマを引き継ぎながらも
去年の反省・意見をもとにトピックに改善を加えることになりました。

今回から教育交流の新メンバーとして、中国からの留学生さんが参加しています。
(英語でのやりとりですが、頼もしい通訳がいるから大丈夫です☆)
そこで彼に「現在中国が抱えている教育問題は何ですか」と意見を求めたところ
「経済状況による教育格差」を挙げてくれました。

もちろんこの教育格差の問題は万国共通ですので、活発な意見が飛び交いました。
その後、「‘.教育環境’というカテゴリーを家庭、学校、地域などに分けて話し合ってみてはどうか」
という意見が挙がりました。
懇親会でも話し合えるような題材になるのではないかと、現在検討中です。

③シンポジウム後のシャペロン同士の意見交換の場(メーリングリスト)の整備と
前・次年度シャペシン間での引継ぎについて

去年の話し合いで「シンポジウム参加者の意識をもっと高めたい」
(ex.APCCの趣旨をもっと理解して欲しい)という意見が出ました。
そこで、「シャペロン同士の引継ぎ」(去年/今年のシャペロン間での引継ぎ)
を行ってもらう必要があるのではないか、という意見が挙がりました。

過去に立ち上げて今は機能していない(らしい?)シャペロンメーリングリストの復活についても
検討が始まっています。次回からさらに煮詰めていく予定です。

④シャペシン広告の時期とポスター・チラシについて

「毎年、シンポジウムの一般告知が開催直前になっている」という反省から
早い段階での告知、対象を絞ったポスター掲示やチラシ配布(教育関係者他)
などについても話し合いが始まりました。
「早め早めの対応を」が今年のモットーです。

今回の部会は今までにないほどの盛り上がりをみせました!
日々進化しています☆

次回の部会は2月21日(木)です。
前回の議題についてさらに詰めていきます。
また、部会後には懇親会を予定しています♪

たくさんのご参加をお待ちしています!

(文責:吉村)

第1回教育交流部会

2008年度教育交流部会が発足いたしました!
メンバーもがらっと(?)入れ替わり、新メンバーも加えての華々しい発足です。

部会長に富田先生、副部会長に松山さん、吉永さんが就任し
年齢層も幅広く、明るく楽しい部会にしていきます!

今年度の教育交流部会の(全会一致の)目標は「ザ・リベンジ」。
去年惜しくも台風で流されたシャペロン・シンポジウムを成功させることです。
(去年は台風により、直前まで上昇した士気を根こそぎ持っていかれたので・・・。)
今年の教育交流部会は最初からアクセル全快です!

今回の部会では、皆さん初顔合わせです。
新メンバーも加え、早速具体的な議論に入りました。

まず会場案。
昨年度の反省を活かしながら
①海ノ中道 
②ふくふくプラザ 
③国際会議場 
④太宰府国立博物館と福岡国際大学 
などの案があがり、次回の部会で各場所の利便性を考慮しつつ案を絞ることになりました。

その他、シンポジウムでのゲストスピーカー依頼の決定、
年間計画の決定などが行われました。
よいスタートが切れたと思います☆ 皆さん、頑張っていきましょう!

最後に。
今日初めて教育交流部会に参加された方から
「初めての参加者からの質問にもしっかり答えてくれて
誰でも意見が言える、アットホームないい部会だ」
というご感想をいただきました♪

"アットホームな” "居心地のいい”部会を目指していきますので
今年も教育交流部会をどうぞよろしくお願いします!

文責は邦楽隊長(?)・吉村でした。

シンポジウムの内容について

 こんにちは!先日の部会、お疲れ様でした。参加出来なかった方のためにも、部会内容を簡単にまとめたいと思いますので、是非ご覧ください。

 先日の部会で、シャペロンシンポジウムのテーマを「自立に向けての次世代教育」に決めさせていただきました。それをもとに、教育環境、保健衛生環境、ボランティア活動環境、コミュニケーション環境、その他(シャペロンから募集)に大きく分けて議論します。事前にアンケートをとり、シャペロンの意見を把握します。全体会では予定として、国連ハビタット職員の方の専門的な意見をいただいたり、各国のシャペロンに自国における問題提起と、自立に向けた環境作りについて述べてもらったりします。その後に続く分科会では、トピックごとに実践に向けてどう取り組むかをあげてもらい、その是非を問います。最後にそれぞれのグループごとに結論を出してもらい、母国に帰ってからすぐにそれらを実践に移すことを目標とし、今後さらにシンポジウムの進め方を吟味していきたいと思います。

 テーマが「自立」と少し広いことから、様々な意見が出て難しい内容になるとは思います。だからこそシャペロンに、「自立とは何か?」、「自分はまずどの部分に取り組むべきか?」を真剣に考えて来てもらった上で、こちらも主体別というより、手段別にグループを分けることで、個人レベルでも問題に取り組んでいけるきっかけを作りたいと僕は思っています。ですからブログはもちろん、これからも出来る限りミーティングや懇親会など、伝えたり話し合ったりする場を設けますので、積極的にご参加ください!5月は10日と23日に部会を行います!!

続きを読む »

シンポジウムのテーマについて

 どうも!副部会長の岡です。教育交流部会では2月からテーマについて協議を重ねてきましたが、前回の部会後の部会長会議、副実行委員長との話し合い、更に部会長との個別の話し合いを経て、テーマ案「地球市民として共に生きるために」を少し具体的に進展させることになりました。
 そこで皆さんに以前挙げていただいていた意見の中から、ボランティア教育という部分に焦点を当て、更に僕自身でボランティアの定義をあらためて考え、以下のテーマはどうかと考えています。ずばり「自立した社会を目指して、今各個人にできること」です。詳しくはまた部会でお話しします。貧困問題とも関連させ、是非このテーマでいきたいと思っています。トピックはまた皆で考えていきたいと思っていますので、このテーマをもとに、子ども会議との関連や、どういった観点でディスカッションしていきたいかを次の部会までに皆さんに考えて来ていただきたいと思います。例えば、ネットワークの重要性や平和教育など、どのような視点からでも構いませんので、よろしくお願いします。

 テーマが「自立」と深く幅広いですし、それに教育を結びつけるとなるとなかなかイメージがつきにくいと思いますので、一例を挙げておきます。
 まず僕が考えているのは途上国の「就学率の問題」です。学校に行く事は自立の最初のステップであると僕は考えます。平等に教育が受けられたり、学校で他のこどもたちと共に活動できる機会を与えられることで、最初は小さくてもネットワークが構築され、良い人材育成ができるのではないかと考えます。よってシンポジウムでは、全体会で各国のシャペロンに自国の就学しているこども達と、そうでないこどもでがそれぞれどういった現状にあって、どういう問題が起きているのかを発表してもらい、分科会ではそれらをふまえて、こども達が平等に教育を受けられるようにするには市民レベルで何ができるのかを事前に考えてきてもらい、それぞれが意見をぶつけ合えるような場にできたらと思います。これはあくまでも一例ですし、大体のイメージとしてあげているのですが、皆さんにもこのような感じのことを考えてきていただけたらと思います。 

 4/12(木)の部会後には懇親会を予定していますので、皆さん是非参加されてください!持っている意見をどんどん言い合える場にしましょう!お待ちしています!! 

ブログ勉強会の感想

 どうも、岡です!今日、1月24日は代表者としてブログ勉強会に参加しています!皆さん、次の部会に是非来てくださいね!(第3回教育交流部会 日時:2月8日(木)18:30~ APCC事務局にて)
DSCN9093a.JPG

第1回交流部会開催される

日時:2006年12月19日(火) 18:30~20:30
場所:APCC事務局(市役所北別館5F
議事:シャペロンシンポジウムの会場について検討。いくつかの案について、今後予約状況や費用を調査。
部会の様子:
DSCN8925.jpg
なお、教育交流部会の事務局担当に末永さんが就任されました。 ⇒ 末永さんのプロフィール
DSCN8928a.jpg
次回部会開催日は、2007年1月11日(木) 18:30~ APCC事務局です。
皆さんの出席をお待ちしております。
教育交流部会に登録されていない方で興味のある方の出席も歓迎します。