シンポジウムの内容について

 こんにちは!先日の部会、お疲れ様でした。参加出来なかった方のためにも、部会内容を簡単にまとめたいと思いますので、是非ご覧ください。

 先日の部会で、シャペロンシンポジウムのテーマを「自立に向けての次世代教育」に決めさせていただきました。それをもとに、教育環境、保健衛生環境、ボランティア活動環境、コミュニケーション環境、その他(シャペロンから募集)に大きく分けて議論します。事前にアンケートをとり、シャペロンの意見を把握します。全体会では予定として、国連ハビタット職員の方の専門的な意見をいただいたり、各国のシャペロンに自国における問題提起と、自立に向けた環境作りについて述べてもらったりします。その後に続く分科会では、トピックごとに実践に向けてどう取り組むかをあげてもらい、その是非を問います。最後にそれぞれのグループごとに結論を出してもらい、母国に帰ってからすぐにそれらを実践に移すことを目標とし、今後さらにシンポジウムの進め方を吟味していきたいと思います。

 テーマが「自立」と少し広いことから、様々な意見が出て難しい内容になるとは思います。だからこそシャペロンに、「自立とは何か?」、「自分はまずどの部分に取り組むべきか?」を真剣に考えて来てもらった上で、こちらも主体別というより、手段別にグループを分けることで、個人レベルでも問題に取り組んでいけるきっかけを作りたいと僕は思っています。ですからブログはもちろん、これからも出来る限りミーティングや懇親会など、伝えたり話し合ったりする場を設けますので、積極的にご参加ください!5月は10日と23日に部会を行います!!