ホーム > ブリッジ事業 -ブリッジ事業とは?-
 
ブリッジ事業

ブリッジ事業とは?
 1998年、10周年を迎えたアジア太平洋こども会議(APCC)に、元こども大使が、各国・地域(一部除く)から男女各位一名ずつ、ピース大使として集結しました。それ以来、毎年各国・地域よりピース大使が招聘され、ここ福岡で今後のアジア太平洋地域でAPCC参加者を中心とするネットワーク作りについて、ミーティングを重ねています。

 その目的は、APCCが目指していること:
   「国際的視野を兼ね備えた、明日を担うリーダーを育てる」
   「政治・宗教や個人的利益にとらわえない真の“地球市民”ネットワークを作る」
   「そのネットワークを世界中に広げ、友情の輪を作り、平和な社会を作る」

 具体的には、各国・地域のピース大使たちを中心に、各国独自のブリッジクラブ(BC)を作り、APCCの枠を超える友情の輪:世界的なヒューマンネットワークを作ろうというものです。